その他

書 名 遺跡名 / 内 容 発行年月日
甦る埋蔵文化財
-(財)愛媛県埋蔵文化財調査センターのあゆみ-
 はじめに
 事業概要
 1.拾町II遺跡 2.水満田遺跡 3.長田遺跡群 4.叶浦(B)遺跡
 5.城ノ向古墳群 6.見近島城跡 7.久米窪田遺跡群 8.丸山II遺跡
 9.大下田南古墳群 10.四ツ手山遺跡 11.経ヶ岡古墳 12.大下田南窯跡群
 埋蔵文化財センター刊行報告書一覧
1984年
5月1日
宮前川遺跡
 甦る埋蔵文化財 -第2集-
 はじめに
 宮前川遺跡の発見から調査まで
 1.宮前川周辺の弥生時代 2.弥生時代から古墳時代へ
 3.弥生時代前期・中期の遺物 4.弥生時代後期の遺物
 5.古墳時代初頭の遺物 6.外来系土器 7.小型三種土器
 8.土製模造品 9.特殊な土器 10.木製品 11.骨格製品
 遺跡年表
1985年
9月1日
甦る埋蔵文化財 -第3集-
 史跡法安寺跡  [本文編・資料編]
 法安寺跡 1989年
8月1日
甦る埋蔵文化財 -第4集-  はじめに
 目次
 1.縄文時代の終わりと弥生時代の始まり 中寺州尾遺跡 松木遺跡
 2.弥生時代の道具と技術 池の内遺跡
 3.弥生時代のイエ・いえ・家 朝倉南甲遺跡 朝倉下岡遺跡
 4.眠れる覇者 上三谷古墳群
 5.後期群集墳の風景
 水満田古墳群
 6.古代の窯跡 大小谷谷窯跡
 7.中世の人々の生活 片山内福間遺跡 八町遺跡
 8.つわものどもが夢のあと 仏殿城跡 轟城跡
 本冊子に登場する遺跡と代表的な出土遺物
 用語解説
 有力者の系譜
 中世の土器
 本冊子に登場する遺跡の報告書一覧
 協力者
1991年
3月1日
 
埋蔵文化財のはなし -調査の方法-  埋蔵文化財について
 時代区分について
 発掘調査をする前に(踏査・確認調査・予備調査)
 表土の除去 遺物包含層・遺構面の確認
 遺構を埋めている土の観察 遺構の掘り下げ
 遺物の取り上げ 写真撮影
 現地説明会
 旧石器時代の調査 古墳の調査 窯跡の調査 寺院・神社・城跡の調査
 整理作業 水洗い 注記 分類 接合 石膏入れ
 着色 写真撮影 図面合成 原図作成 トレース(墨入れ)
 遺物実測 図版組 原稿執筆 作業員さんの声
-
 
昭和61年度
今治近見古墳群確認調査 成果報告書
今治近見古墳群 1986年
5月1日
昭和61年度
西条市バイパス 埋蔵文化財調査概要報告書
牛の角遺跡 池の内遺跡 1987年
3月1日
平成9年度 発掘報告会
 (平成10年7月25日・26日に
 伊予郡砥部町中央公民館で行った
 「平成9年度 発掘報告会」資料)
 平成9年度 発掘報告会次第
 平成9年度 (財)愛媛県埋蔵文化財調査センター調査箇所一覧表
  阿方・矢田遺跡
  新谷森ノ前遺跡
  久枝II遺跡
  大久保遺跡
  永納山遺跡1区と長沢1号墳
  鹿の子古墳群
  阿方春岡遺跡
  宮の谷遺跡、正法寺遺跡
  中駄場遺跡
  北井門遺跡
  上井遺跡(2・3次調査)
  宮前川北斎院遺跡
  七反地遺跡
  新池遺跡
  湯築城跡
  県民館跡地遺跡
1998年
7月25日
 
愛媛県 埋蔵文化財包蔵地一覧表 - 1992年
3月1日
 
初任者研修基本マニュアル  埋蔵文化財
  埋蔵文化財とは何か 遺跡の種類
  埋蔵文化財の保護 埋蔵文化財の取り扱い
 発掘調査
  発掘調査の目的 予備調査
 発掘調査の準備
  開発部局との調整 発掘調査計画と経費の積算
  委託契約の締結 発掘調査の準備
 発掘調査の実施
  発掘調査の手順 写真撮影とフィルムの整理
  測量と図面の整理 調査日誌 調査進行管理
 発掘調査の終了
  記者発表・現地説明会 調査区の引き渡し
  遺物発見届けの提出 遺構・遺物の保存処理
  科学分析 実績報告の作成
 整理作業の目的
 整理作業の実際
  洗浄・註記 接合・補填・復元 分類
  遺物の実測 拓本
  図面の整理
  遺物の写真撮影とフィルムの整理
  遺物・図面のトレース
 報告書の作成
  報告書の規格と体裁
  図版の作成 原稿の執筆と内容
  報告書の編集と仕様書
  印刷発注 校正
  報告書の配布
 埋蔵文化財発掘調査基準
 土器の種類と形態分類
 用語解説
-



[恐れ入りますが、ブラウザ上でウィンドウを閉じてお戻りください]

Copyright (C)2000-2017 The Ehime Research Center for Buried Cultural Properties. All right reserved.