H22共同企画展 タイトル
[平成22年7月24日(土)〜平成21年8月31日(火)]

展示風景1
展示風景2
展示風景

 平成22年度の共同企画展では、「中世 えひめの考古学 〜源平の争乱から戦国時代を生きた人々の歴史〜」をとりあげました。

 源平の争乱があった平安時代の終わりころ(12世紀後半)から戦国時代(16世紀)、いわゆる中世と呼ばれた時代に生きた愛媛の人々の歴史を、考古学の成果をもとに探っていこうというものです。

 展示では、発掘調査でわかったムラやお城・お寺の様子を出土品や写真で紹介し、当時の人々の生活を復元しました。

南斎院土居北遺跡_方形区画溝
松山市南斎院土居北遺跡で見つかった方形館
(室町時代から戦国時代:今から約500年前)
南江戸鬮目遺跡_土器溜まり 道後湯築城跡_俯瞰
松山市南江戸鬮目遺跡で見つかった土器だまり
(鎌倉時代:今から約700年前)
河野氏の居城 松山市湯築城跡[国史跡]
(室町時代から戦国時代
:今から約600〜500年前)
道後湯築城 *****
湯築城跡から出土した品々
(室町時代から戦国時代:
今から約600〜500年前)
今治市馬越遺跡で出土した滑石製石鍋
(鎌倉時代:今から約800年前)


[恐れ入りますが、ブラウザ上でウィンドウを閉じてお戻りください]

Copyright (C)2000-2017 The Ehime Research Center for Buried Cultural Properties. All right reserved.