H19テーマ展_タイトル
[平成19年10月27日(土)〜平成20年2月29日(金)]


展示の趣旨
 私達が発掘調査を行うとき、"その遺跡はいつ頃のものなのか?"ということをどのように判断しているのか皆様に知っていただくことを目的のひとつとしています。
 遺跡の年代を知る方法にはさまざまなものがあり、最近では放射性炭素や年輪年代測定法といった科学的な分析方法も広く用いられるようになっています。
 しかしながら、考古学の基本となるのは、刻々とデザインを変化させていった土器を、その形や文様のあり方をてがかりに、古いものから新しいものへと列べて、時代の指標とするという方法です。

 「時代のものさし〜古墳時代〜」では、当センターがこれまで発掘調査を行ってきた古墳時代の遺跡を中心にして、「使う」「暮らす・装う」「葬る」「作る・祀る」といった様々な視点から、古墳文化の実態を紹介していく展示を行いました。


H19テーマ展_展示室
展示室内見取り図

H19企画展_展示室1 H19企画展_展示室2 H19企画展_展示室3
展示室内の様子

リーフレット[PDF]
(676KB)


→このウィンドウを閉じる←
(クリックしても閉じない場合は、恐れ入りますがブラウザ上で閉じてお戻りください)

Copyright (C)2000-2017 The Ehime Research Center for Buried Cultural Properties. All right reserved.