矢田平山近世墓

矢田平山近世墓_墓坑墓群完掘状況
[ 完掘後の墓坑墓群 ]
所在地
 今治市矢田
所属時期
 江戸時代

 矢田平山近世墓は、高縄半島北東部の今治市乃万地区に位置しています。一般国道196号今治北道路建設に伴って1996年に発掘調査が行われ、調査面積約500平方メートル、標高約23〜30mの丘陵緩斜面から、江戸時代後期(18世紀後半〜19世紀頃)の墓が見つかりました。

 墓は平面形態が円形や楕円形を呈するものが多く、合計32基が北東から南西方向に2列に並んでおり、人骨は42体分見つかっています。鉄釘類が出土していることから、棺桶の存在も想定されますが、調査で棺桶は確認されていません。

 副葬品は、土師器皿・陶磁器(肥前系、瀬戸・美濃系)・金属製品(銭貨・煙管・小刀・装身具)などが出土しています。銭貨はほとんどの墓から出土しており、六道銭として納められていたようですが、人骨を分析した結果、陶磁器や装身具は女性、煙管は男性の副葬品として納められる傾向にあったようです。

 これまで県内では江戸時代の墓が調査された事例は少なく、不明な点がありますが、この調査によって、当時の乃万地区における埋葬方法の一端を知ることができます。

矢田平山近世墓_銭
[ 出土遺物(銭) ]
矢田平山近世墓_キセル
[ 出土遺物(キセル) ]
矢田平山近世墓_簪
[ 出土遺物(簪) ]
※写真をクリックすると別ウィンドウで大きく表示します。

〜この遺跡の発掘調査報告書はこちら〜


[恐れ入りますが、ブラウザ上でウィンドウを閉じてお戻りください]

Copyright (C)2000-2017 The Ehime Research Center for Buried Cultural Properties. All right reserved.